せどりとは? せどりの言葉の歴史から、転売厨が膨大に増えた現実を書く

せどりとは? せどりのwikiより せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。 中略 書店同士の売買の仲介をする事…