元ニートの転売厨が現実を書いていく

転売に興味がある人に現実を伝えていきます。

「会議は不要」「アンケートは無意味」1人でビジネスをしているからこそ感じる転売(商品開発)の現実を語る

neetenbai.hatenablog.com

 

これの結果報告です。

在庫反映からちょうど1週間経過しましたが、

今は7個売れています。

大体1日1個くらいのペースです

1個あたりの利益は700円以上です。

元値は450円以下なので、

初動としては悪くないと思います。

レビューなし、ランキングなしからのスタートです。

(レビューもランキングもない商品は検索の下層からスタート)

現在もレビューはありませんので、

良いレビューが1つでも付けばペースはかなり上がると思われます。 

 

この商品はランサーズというサイトで、

デザインをコンペ形式で募って1番良いデザインで作るつもりでした。

 

※以下wiki

コンペティション(competition)とは、競争、競技会の意。 略して「コンペ」ともいう。 複数人数の製品・作品の評価を競い合わせ、優れたものを選ぶこと。

 

数十人の方がコンペに応募してくださったので

デザインの選択肢は結構ありました。

 

十数人の友人知人にコンセプトを説明して、

どれがいいかデザインを選んでもらいました。

 

しかしまさかの全員違うデザイン推し

こんなことは初めてです。

 

十数人の質問した知り合いの中でも

この人の意見は特に参考にするという人は数人いました。

その人達の答えはみんな「全部ない」でした。

それ以外の人の意見はバラバラです。

多数決の結果はまさかの「全部ない」です。

 

みんな意見は違うし、特に信用できる人は「全部ない」

もうデザインが悪かったのかと思いましたが、

募集した人たちの履歴を見てもプロの人が複数人いました。

本業でデザインをしていて副業でランサーズをしている方々です。

そこまで悪くないデザインのはずです。

 でも結果は

「どのデザインの商品もいらない。強いて選ぶならこれ」

という消極的な意見。

 

商品選びを間違ったか???

 

コンペの金額を21600円に設定したが金額が安すぎて良いデザイナーが集まらなかったのか???

最初はこんなことを思いました。

 

でもランサーズに認定された経験豊富な方のデザインもいくつかありました。

それでもみんなの意見はまとまらない。

 

これが例えば会社ならどうでしょう?

 

この商品の販売は始めないと思いませんか?

 

プロのデザインでアンケートをとっても「全員が消極的意見」

意見がバラバラで全員がこれだという飛び抜けたデザインがない。

どのデザインを用いても売れないと思いませんか?

会社ならおそらく企画段階でボツです。

 

でも私は作ります。

なぜなら1人なので決定権はすべて私ですからね!!

しかも私が最終的に選んだデザインは、

「プロでもなく今までコンペで誰からも選ばれた実績のない人のデザイン」

しかもアンケートで誰も選ばなかったデザインです。

もはやアンケートの意味ないやんけ。と思われるかもしれませんが、

私は今回アンケート結果よりも自分が売りたいデザインを優先しました。

理由は簡単です。

「私が一番売れるのはこれ!!」と思ったからです。

 ぶっちゃけアンケートを取る前は、

多数がそのデザインを選ぶと思ってました。

でも結果は誰も選びませんでした。

確認作業のつもりでしたが、結果は全然違いました。

 

これを会社の会議として考えましょう。

 

「アンケートの結果はプロが作ったデザインを誰も支持しないし、

これだったらほしいというデザインもない。

まったく実績もないし、誰も選んでないデザインですけど、

私はこのデザインなら売れると思うんです!!」

 

会議でこんなこと言うやつがいたらあなたはどう思いますか?

私なら却下します。

おそらく却下する人が多いでしょう。

 

この商品は友達からも

「売れないでしょこれ」

「本当に売れるの大丈夫?」

 と言われた商品です。

 

会社に勤めていたらまず世に出ない商品でしょう。

 

企業で例をあげるならば

「gonoturn」という企業が

社長がキャラクターモチーフのマスクを売ろうとしたときに、

社員の殆どの人が売れないと反対したみたいなんですけど、

社長が売れるからやろうと言って販売してみると

商品は売れてヒットしたらしいです。

堀江貴文youtube情報

 

この社長の話は実際に売り始めた後に私は耳にしましたが、

私も売れると思ってこの商品を販売しました。

実際に結果も悪くありません。

 

この商品が世に出たのは私が1人でビジネスを行っているからです。

私の判断の責任は全て自分で取る事ができます。

だから好きなデザインで販売を開始することができました

 

これがいかにストレスのたまらないことか。 

会社員の頃は私が悪くないのに責任を取らされることや、

私のミスなのに上司に負荷がかかるようなこともありました。

 

これと比べて自分で責任を独り占めできることがいかに素晴らしいことか。

会社員の頃は上司から、

「個人だったら責任を全て自分で取らないといけないんだぞ。今だったら上司も被ってくれるんだから会社員は良いだろ」

と言われたこともありました。

「他人の責任を自分が取る」

「自分の責任を他人が取る」

両方共とも相当のストレスがかかります。

「自分の責任は自分が取る」

これがストレスが1番かかりません。

 しかもやりたいことを好きに実行できるのです。

さらにはやりたくないことは止めてもよいのです。

これが個人事業の1番のメリットだと思ってます。

 今回はアンケートを取ったのに、

結局自分のやりたいことをやりました。

これは個人だからこそです。

 

タイトルの「会議は不要」「アンケートは無意味」は極論です。

もちろんすべてが無駄だとは思っていません。

ビジネス書や経営者の意見に、

「会議をしたりアンケートを取るとアイディアが平均化して、

結局在り来りなどこにでもあるようなアイディアになる。」

というような意味の言葉はよく見かけます。

 会社員の頃はよく理解をしていませんでしたが、

1人で活動することで逆にたしかにそうだなと感じています。

 

 結局何が言いたいかというと、

やりたいことは他人に何と言われようと実現してみよう。

成功したら嬉しいし、失敗しても経験値です。

やりたいこともやれないなんて何のために生きてるんですか?

ただし犯罪は除く。

 

ちなみに10800円の完全非公開オプションをランサーズで適用しているので、

私の商品はランサーズからは探れませんからね!

参入はさせませんよ!