元ニートの転売厨が現実を書いていく

転売に興味がある人に現実を伝えていきます。

キッズ達よ、中国輸入の転売ヤーになってお年玉を倍にしようぜ!!

お年玉を使わずに貯金するのはもったいない

f:id:neetenbai:20171224191902p:plain

将来のために使う用途が決まっていたり、

今すぐに使う用途がある人達は読まなくても良いですよ。

多少なりともリスクは有りますからね。

元手がお年玉程度の金額なので、

ローリスクローリターンのビジネス方法を教えちゃいましょう。

 

生徒のうちからビジネスなんて無理だと思ってる中高生は多いでしょう。

ビジネスの勉強は、学校で教えてくれませんからね。

というか先生にも、教えられる人はほとんどいないでしょう。

 

若いうちに転売することのメリットを教える

まず単純にお金が増えます。

そして経済のことを学べます。

商品リサーチは、

需要と供給・価格帯・販売の場所や方法なども考慮して判断します。

つまりはマーケティングです。

 

マーケティングとは

「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。@wiki

つまり顧客が欲しいものを、いい感じに売れってことです。

 

マーケティングをしてると、

自然とビジネス感覚が身につきます。

ビジネス感覚が身につくと、

自分のリソースの使い方が上手くなります。

生徒の一番のリソースは時間です。

無駄な資格の取得に時間を消費したり、

高額な入学金や授業料を払って、

価値のない大学へ進んだりなんて、

こんなのは時間の無駄です。

高い金を払って時間を無駄に消費して、

就きたくもない会社に就職して、

安月給でこき使われるのなんて頭おかしくないですか?

自分や社会の将来性を考慮して、

時間というリソースをどこに割くのが一番良いか、

自分の頭で考えられる人間になりましょう。

そして就きたい会社に就職したり、

やりたい仕事ができるようになりましょう!

 

ここからはキッズ向けの実践編(準備)

 

一番易いのを教えます。

まずはクレジットカードの準備! 

securitysoft.asia

 

 無理なら保護者のクレジットカードを使用しましょう。

使った分は、ちゃんと親に支払いましょう。

 

 次はメルカリの準備!

mercari.doorblog.jp

 

 はい。出来たら準備完了です。

親がメルカリをしている場合もあると思うので、

アカウントをそのまま借りるのもありかもしれません。

 

クレジットカードとメルカリアカウントをゲットしたら、

次はアリエクスプレスアカウントを作成しましょう。

 

rasiran.net

詳しくはこのサイトを見ましょう。

アリエクスプレスは中国から海外に向けて商品を販売しているサイトです。

海外からの発送なので、届くまでに時間がかかります。

更には届かないこともあります。

 

www.kawai-smec.com

 その場合はこのサイトを見ましょう。

アリエクスプレスは中国からの発送が多いので、

不安になるかもしれませんが、

不良品や届かなかった時の代金は返金されます。

購入者への手厚さでは、

Amazon>メルカリ>>アリエクスプレス>>>>楽天≧ヤフー

くらいな印象です。

楽天やヤフーよりも購入者に優しいです。

 

これで準備は整いました!

 

アリエクスプレス→メルカリで転売して

利益が出そうな商品を実際に見つけたので、

見つけ方を教えます。

ちなみに自分で見つけた方法で、

本とか他のブログではこのやり方を見たことはありません。

(他にあったらすみません。)

思いついてから面倒だったので実行してませんでしたが、

これ書くために試してみるかと思って実践したら、

簡単に上手くいったので紹介します。

 

私がメルカリで商品リサーチをするなら、こういう方法でリサーチするなあと思っていた方法です。私はAmazonでの販売がメインなので、今まで面倒臭がってました。

今回Amazonを紹介しないのは、月額料金が高く、手数料もメルカリより高いからです。お年玉で運用するにはハイリスクです。

 

まずはメルカリで商品選定

 

画像1

f:id:neetenbai:20171225211529p:plain

とりあえずメルカリトップ画面のタブの「新着」で調べました。

「メンズ」「レディース」「スポーツ・レジャー」とかあるところです。

好みのカテゴリで良いです。

私は今回初めて実践するので、

とりあえず「新着」タブで調べました。

画像1の赤丸で囲った商品に、「参考」と「ムシ(無視)」と書いてます。

(字が汚いのはごめんなさい。ペイントなので余計に汚いです。)

 

「参考」の髪留めは商品画像が白抜きされていて、(背景が白一色)

 Amazon楽天で販売している画像を、

そのまま貼り付けたような画像です。

 

「ムシ」ポケモンのぬいぐるみは、

 その場で撮ったような素人感がします。

 

 単純な話です。

好きなタブの新着商品をスワイプして、

Amazonとか楽天で販売しててもおかしくないような商品を探します。

ちなみに画像1の黄丸の商品も、プロっぽい感じがして有りです。

 

これで同業者を見つけます。

 

 

画像2

f:id:neetenbai:20171225213239p:plain

 

さっきの「参考」の人の、他の販売商品を確認します。

同業者の確率が高いので、今まで販売していた商品というのは、

とても参考になるデータとなります。

画像2をぱっと見た感じ、花の飾りがついたヘアゴムに

「SOLD」マークがたくさんついてます。

ご存知だとは思いますが、「SOLD」マークは売れた商品です。

この花のヘアゴムは立て続けにマークが付いているため、

需要があり、売れている商品だということがわかります。

(売れてない商品ばかり出品している同業者もいますが、そういうのは無視して、参考になる人を探しましょう)

 

このように、

 

1.同業者っぽい商品画像を探す

2.その人の販売していた商品で実際に売れている商品を探す

 

これだけでメルカリで需要のある商品がわかります。

同業者が実際に販売している商品なので、

自分も利益が出せる可能性があります。

 

花飾りの付いたヘアゴムに需要があることがわかったので、

次はアリエクスプレスで仕入先を探します。

 

f:id:neetenbai:20171225214153j:plain

とりあえずグーグルでヘアゴムの英語が何かを検索して、

その単語で検索をかけました。

その時に気づきました。

アゴムって100~200円位なのに、

メルカリのさっきの商品って1200円だし、利益出そうだなと。

検索にFlowerを追加しても、残念ながら同じ商品は見つからなかったので、

違う商品を探すために、メルカリで「ヘアゴム」で検索してみました。

(利益が出そうな価格で見つかったら、それを仕入れればいいですよ。)

 

画像3

f:id:neetenbai:20171225214607p:plain

 

画像3は同業者っぽい人をヘアゴムの検索で見つけて、

販売していた商品を開いた時の画像です。

50本セットのヘアゴム630円が結構売れてます。

これをアリエクスプレスで探してみました。

さっきのヘアゴムの英語ですぐに見つかります。

f:id:neetenbai:20171225214832j:plain

 

100個入り534円です。

おそらく送料は定形外郵便の120円。

50個入りなので534÷2=267円。

販売価格630円

メルカリ手数料63円

送料120円

仕入れ値267円

630-63-120-267=利益180円

利益率67%なので結構いい商品ですが、

おそらく安く感じますよね?

仮に1日1個売れたら、月に5400円の利益。

同じ要領で似たような商品を10個見つけたら、

月に54000円の利益です。

メルカリの元値が安かったので、利益が少ない感はありますが、

1200円で最初に探していた商品が見つかっていたら、

仮に仕入れ値300円でも、約700円の利益見込みです。

アゴムは価格差がありそうなので、

他に探してみると良き商品に巡り会えるかもしれません。

 

これを繰り返して、利益が多かったり、

発送の手間がかからないような商品だけを販売すれば、

最初は数万円だったお年玉が、

1年後には数十万円になってもおかしくはありません。

どれだけリサーチできるかが、利益につながります。

通学時間などを上手く利用してリサーチをすると、

時間を無駄にすることもありません。

 

需要のある商品を探して、

需要のある場所で、

適切な価格で供給するお仕事です。

そのため適切な商品を、適切な価格で仕入れましょう。

 

需要のない商品を仕入れれば売れず、

供給する商品が高くても、需要にはマッチしません。

そこはトライアル・アンド・エラーを繰り返しましょう。

時には損をすることもあります。

その時はなぜ損をしたのかを考えて、

次に活かせば良いのです。

経験値は稼げてますよ。

 

中高生の時間は特に貴重なので、

自分を商品やサービスみたいに考えて、

これからの社会では何が需要があるかを考慮して

何に時間を使うかをよく考えましょう。

ビジネス感覚がないときよりかは、

どこに時間を割けば良いか見えているはずです。

 

 

 

元手が安いので、年間20万円の利益を超えたり、

扶養の枠から出ることは少ないとは思いますが、

稼げるようになってきたら家族に相談しましょう。

確定申告をしなければならない場合があります。

 

仮に上手くいっても転売は副収入にとどめましょう。

ビジネス感覚をつけるのには、初心者向けでうってつけですが、

本業にするのであれば、オリジナルの商品やサービスを生み出してください。

ただの転売だけを本業にすると先細りしますよ。