読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ニートの転売厨が現実を書いていく

転売に興味がある人に現実を伝えていきます。

ダイソーで100円で買える商品をメルカリで500円位で転売する現実を書く

今回ご紹介するのはガラスフィルムです。

 

ダイソーにもガラスフィルムがある時代です。

硬度は9H(9Hの鉛筆でも傷がつかない)

爪(2H相当)でいくら傷つけようと思っても傷がつきません。

数年前なら数千円するような9Hのガラスフィルムも、

100円で買えてしまうような時代になりました。

このガラスフィルムをiPhone等のスマートフォンに貼っていると

まず画面が割れることはないでしょう。

画面が割れている人が多い昨今、

需要はかなりあります。

2017年5月28日現在iPhone6用のガラスフィルムの売れ行きを

メルカリで調べてみると、概ね500円以上します。

仮に最安値の300円で販売したとしても、

メルカリの手数料は10%なので

300円の10%引きで270円の振込

送料は定形郵便の82円でなので

270-82=188円の利益になります。

元値が108円なので利益率は180%位ですかね?

 

しかもこれの良いところは

 売れたら買いに行けば良いところです。

リスクが最小限です。

人気商品なので売り切れで放っておくことはないと思いますが、

ダイソーの売り切れが一番のリスクです。

ダイソーはいっぱいありますし、その時は別店舗に買いに行ってください。

それが嫌ならば在庫有りで販売すればいい話ですね。

簡単に転売できる商品ですし、

仕入先が見つからない人は試してみては?

ダイソーから仕入れてアマゾンで転売できる現実を書く③

今回は少しレベルアップします。

 

f:id:neetenbai:20170527220253j:plain

 

2017年5月17日現在

この商品のFBA最安値は1075円です。

f:id:neetenbai:20170527220450j:plain

しかし送料込みで800円が自己配送で出してます。

カートはFBAがとってます(Amazonなので)。

 

この商品ラヴィという有名なスポーツ用品メーカーなのですが、

ダイソーに行くとこの見た目と全く同じで、

グリップの重さ違いの商品があります。

ラヴィは中国で安い商品を作りパッケージを良くして、

高く販売している会社だと思ってます。

しかし目のつけどころが良くて、

安く作れる商品を高く売る良い企業です。

おそらくラヴィのハンドグリップを作っている企業と

ダイソーのを作ってる企業が同じなのです。

ダイソーでハンドグリップを見つけた後に、

Amazonでラヴィのハンドグリップを検索してみてください。

見た目が同じ商品が出てきます。

 

f:id:neetenbai:20170527221250j:plain

 

ちなみにAmazonで出品されている商品を1000円で売った場合のシュミレータです。

利益は566円と出ていますね。

この商品を仮に800円でFBAで販売したとすると

f:id:neetenbai:20170527221519j:plain

 

386円の利益です。

ダイソーの商品は108円です。

386-108=278円の利益ですね。

利益率は200%以上ですかね?

しかもこの商品はなんと商品にダイソーのロゴが付いていません。

仮に自分でページを作って、

グリップのキロ単位が違うので200円位下げて売ってもこの価格。

新規出品でライバルもいないなら元と同じくらいで売れるかもしれませんね。

見た目も同じですし。

そうすると利益率は・・・??

 

おっとこんな夜なのに誰か来たようだ。

 

ダイソーから仕入れてアマゾンで転売できる現実を書く②

第二弾です。

これもたぶんAmazonで売ったら利益出そうだなと思って調べました。

f:id:neetenbai:20170527214444j:plain

これはダイソーで108円で売ってます。

f:id:neetenbai:20170527214521j:plain

3ヶ月のグラフはこれです。

残念ながら500円の自己配送が最安値です。

しかし

f:id:neetenbai:20170527214751j:plain

 

FBAシュミレーターで調べたら手数料を引いた額が425円。

2017年5月27日現在では送料が定形外郵便で140円で送れるので

手数料引き後の値段425円-送料140円-仕入れ値108円=177円。

梱包材を含めても利益率を見ると良い商材なのではないでしょうか?

6月からの新料金ですと利益は77円です。

無在庫もできないことはないと思いますし、

利益率的にもかなり高いとは思います。

仕入先がない人は試してみては?

 

neetenbai.hatenablog.com

 

つづく

ダイソーから仕入れてアマゾンで転売できる現実を書く①

最近はホームセンターや家電量販店などに行っても

増えすぎた転売屋に刈り取られていて、

移動のガソリン代くらいしか利益を得るできなくなってる気がするので

仕入れている人を見たことがない

ダイソーで転売できる商品をご紹介します。

ダイソー→海外はブログを探したら出てきます。

ダイソーAmazonは意外とないなと思って書きます。

今回紹介するのはダイソーで324円で売ってるデッサン人形です。

製品にダイソーのロゴがついてなくて、

ぱっと見で324円以上の価値はあると思ったので目をつけてました。

同じ採寸と見た目なので、

ダイソーから仕入れていると思われるアマゾンぺージを紹介します。

 

ランキング[ホビー]:44825
 
 
ASIN:B00DC28GR2
 
ダイソーの転売商品としてはまあまあでは?
 

f:id:neetenbai:20170527212100j:plain

ちなみに3ヶ月のモノレートです。

FBA最安値は1120円。

f:id:neetenbai:20170527212315j:plain

 

FBAシュミレーターの純利益は667円

商品の仕入れ値は324円なので

 667-324円=343円になりますね。

 

2017年5月27日のデータ

 

人によって利益率の計算はやり方がバラバラのようですが、

324円で仕入れて利益が343円なら利益率100%以上ですか?

ダイソーで買える商品ですし悪くはないと思います。

私は相乗りよりも自分でページを作るタイプで、

レビューにダイソーにあったとか書かれるのが嫌なので出品しませんが、

仕入先を見つけられない人は試してみては?

 

neetenbai.hatenablog.com

 

つづく

青年Aが究極の転売術「青年Aメソッド」を作るお話で、転売厨の現実を書く

 

前回の記事で情報商材を売って利益を得た青年A

 

neetenbai.hatenablog.com

 

 

多額の利益を得て順風満帆かと思いきや、

現実という壁が立ちはだかります。

 

情報商材で一気に利益を得る経験をした青年Aは

地道にコツコツ利益を得るせどりはやりたくありません。

しかし情報で多額の利益をあげたとはいえ、

いつかは底をついてしまいます。

そこで仕方なく本屋さんへ向かいますが、

先に利益の出る商品はすでに買われていて、

ほとんど買える商品がありませんでした。

 

ねずみ算式に増えていったせどらーたちが

先に全部買ってしまっていたのです。

 

これはおかしいと思ってネットでせどりを検索すると、

情報商材を売っている人がたくさんいました。

もはや青年Aの知識の価値は

ほとんどなくなってしまいました。

 

困った青年Aは最新と名のつく情報商材を買ってみました。

するとそこには自分が今までやってこなかった、

本以外の商品の情報がたくさんありました。

青年Aは本以外にもこんなに転売できるのならば、

また儲けることができるぞ!とはりきりました。

 

ところが青年Aは開店時間からお店をたくさん回り、

最新の情報通りに行動してみましたが、

利益の出せる商品をほとんど買うことができません。

 

そうです。

ねずみ算式に増えているせどらー達に

利益の出せる商品は 根こそぎ買われていたのです。

 

f:id:neetenbai:20170318180850p:plain

 

 

ねずみ算の上の方にいた青年Aは

いつの間にか最下層に落ちていたのです。

 

今度はせどりコンサルタントをしてもらおうと、

多額のお金を払ってお願いしますが、

この前買った情報商材の内容と同じことしか言わず、

よくよく話を聞いていると、知識は自分と同等でした。

 

もはやせどりだけで食っていくなんて不可能でした。

限られた餌を大量のねずみ達が奪い合うので、

青年Aは少ししか食べることはできません。

しかもねずみは今後もっと増えていくのです。

もっと餌が食べられる量が減っていきます。

 先のことを考えると絶望です。

 

しかし青年Aは妙案を思いつきます。

 

「転売が無理なら、また情報商材を売れば良いんだ」

 

 青年Aはせどりのパイオニアとして有名でした。

それを利用して「青年Aメソッド」という、

その辺の本や情報商材の寄せ集めを作り、

イオニアの情報として売り出しました。

 内容は大したことありませんでしたが、

最初に情報商材を売って多額の利益をあげた月商を表記して

イオニアの情報ということを全面に押し出しました。

 

原点にして頂点!せどりという言葉を全国に広めた伝説のせどらー青年A!!

月商○○○○万の男が○年間の知識を凝縮した究極の転売術”青年Aメソッド”

 

このアホみたいな煽り文句でも

ねずみ算の上から下へ宣伝されて大量に売れました。

青年Aは前回と比べ物にならないくらいの利益を得ました。

大したことのない内容だったので、バッシングもたくさんありました。

しかし青年Aは利益を投資信託国債に回し、

年利だけで生きていける状態になっていて、

心に余裕があったのでバッシングなんて気にしません。

 

贅沢したい時は適当な情報商材を作り、

無知な初心者たちからお金を巻き上げました。

しかし初心者たちからは不思議と感謝されました。

バカだなあと青年Aは感じていましたが、

感謝されているので罪悪感は感じませんでした。

 

ねずみが増えすぎて餌なんてもう食べられないとしても、

それはねずみが行動していないのが悪いのですから

決して「青年Aメソッド」が悪いわけではありません。

 

青年Aは初心者たちから巻き上げたお金で贅沢をしました。

なぜか贅沢をすればするほど、初心者達から崇められました。

こうして青年Aは幸せに暮らしましたとさ

おしまい

 

 

続きます。 

転売界のハイエナ 少年B のお話で、転売厨の現実を書く

 作成中

 

 

 

青年Aはファーストペンギンとしてせどりを始めました。

転売を情報として売ったのも最初の1人でした。

これは目に見えない資産として青年Aにありました。

青年Aはその資産をお金に変えて幸せを得ることができました。

しかし初心者の皆様はねずみ算の最下層からのスタートです。

現状はせどらーの数が多すぎて、利益の出る商品は少なくなっています。

参入障壁が低すぎて誰でも参入してきます。

それでも参入したいならどーぞ

転売(せどり)は副業でも最低賃金以下の稼ぎになると思いますし、

半数以上の方は赤字で撤退することとなるでしょう、

うまくいく方が少数だと思います。

試しに家にある不要な物をいくつか売ってみて、

手応えを感じたら参入するのはありかもしれません。

 

この話は実話が混じったフィクションです。 

 

 

 

 

 

 

せどりとは? せどりの言葉の歴史から、転売厨が膨大に増えた現実を書く

 

せどりとは?

 

せどりwikiより

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

中略

書店同士の売買仲介をする事、またはそれを生業とした者を指す。

中略

現在では新古書店等で安く売っている商品や古紙回収で集めた書籍を、主にインターネットを利用して販売する事を「背取り(せどり)」と言い、せどりをしている個人や業者を「せどらー」などと呼ぶ。リサイクル業務の一つに分類できる。

 

 

主に本関連の商売で使用されていた「せどり」という言葉を、

本以外の言葉にも使うようになって

現在のせどりという言葉になっているようですね。

 

なぜ本以外の物も安く買ってネットで売ることを

せどり」という言葉になったか。

 歴史を紐解いていきましょう。

※仮説を元にしたフィクションです。 

 

f:id:neetenbai:20170318002721j:plain

 

むかしむかし

ブックオフで中古本を買って

ネットで売ると利益が出ると気づいた人がいました。

彼のことは青年Aと呼びましょう。

 

青年Aは利益が出ることが楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。

毎日のようにいろんな本屋を回り、一日中売れる本を探していました。

しかし1ヶ月を過ぎると青年Aはあることに気が付きます。

 

自分ひとりでは日本全国を回れないわけだし、

自分の回れない地域の人にネットで情報を売ればお金になるじゃないか

これだけ利益になるのだから、みんな喜んで情報を買うだろう。

こうして青年Aは本来の意味としての

せどり」の方法を情報商材として販売し始めました。

 

青年Aの目論見通り、数十万もする情報商材でしたが、

たくさんの買い手が見つかり、

青年Aは一気に多額の利益を得ることができました。

めでたしめでたし

 

 

次は青年Aから情報商材を購入した、

少年Bについて書いていきます。

 

 

少年Bは青年Aの情報通りに行動し、情報商材の額は回収しました。

ところが数ヶ月経過して少年Bは気づきます。

田舎暮らしの少年Bの周りには本屋が少ないので、

すぐに全ての店の全ての本を検索してしまいました。

新しく店に売られた中古本を検索しているだけではもう稼げません。

普通に働くよりも「せどり」の方が稼げると考えていた少年Bは

この時仕事を辞めて専業としてせどりを行っていました。

大ピンチです。

そこで少年Bは必死に考えて、あることを思いつきました。

本だけじゃなくて、中古のゲームやCDもネットで売れるんじゃないか?

 

少年Bはすぐに実行しました。

するとどうでしょう。

みるみるうちに利益になっていくではありませんか。

少年Bは嬉しくなり、毎日毎日商品を仕入れては売りました。

するとまた、周辺のお店の商品が枯渇してきました。

 

少年Bはまた考えました。

するとひとつの画期的なアイディアを思いついたのです。

本だけじゃなくてゲームやCDの情報も情報商材として売ればいいんだ

青年Aの情報よりも価値があります。

絶対にこの「せどり」の情報は売れると確信しました。

 

そして少年Bの予想通り、

せどり」の情報はたくさんの人に買われて、

少年Bは一気に多額の利益を得ることができました。

めでたしめでたし

 

少年Bから情報を買った淑女Cは

ショッピングセンターで「せどり」できる情報を追加して

情報商材として売りました。

 

淑女Cから情報を買った紳士Dは

ホームセンターで「せどり」できる情報を追加して

情報商材として売りました。

 

情報商材を買った人全員が

最終的に情報を売ったりするわけではありませんが、

初心者でも簡単に参入できて、

最初に自分で多額のお金を払ってもほしいと思った経験から

情報商材として売る人は数多くいました。

 

こうして全国に「せどり」は間違った意味で広まりました。

 

そして「せどり」を行う人

通称「せどらー」の数もねずみ算式に増えていきました。

f:id:neetenbai:20170318011735j:plain

 おしまい

 

続きます。

青年Aが最強の転売術「青年Aメソッド」を作るお話で、転売厨の現実を語る

 作成中

 

 

 

 

仕事をやめてニートになり転売厨に堕ちるまで

 

まあまあの生活から底辺へ

 

私は高校を卒業してからすぐに正社員として普通に働いてました。

給料も仕事内容にも文句はなく人間関係も良好で、

彼女もできたり別れたり、それなりの社会人だったと思います。

でも25歳になった年に周りの友達が急に眩しくなってきました。

 

隣の芝生は青く見える

 

一番仲の良かった友達が大学を出て知名度がそれなりの会社に就職し、

入社2年目で営業全国1位。3年目には管理職になりました。

 

高校時代の親友は会社の技術コンテストの全国大会に出たり、

別の親友は海外支社に技術を教えに海外出張に行ってました。

それに比べて私は入社からあまり代わり映えのしない日々を過ごしてました。

自分だけが成長していない。

そんな気持ちを抱きながら仕事をしていたので、

仕事をしていても焦りばかりを感じていました。

f:id:neetenbai:20170316224343j:plain

 

車検が来たので車を変えるかと思って中古車屋へ行ったら、

28歳で店長をしている人と話して尊敬したり、

中学の同級生二人が地元では有名な企業に就職して、

二人とも管理職で採用されていたりと、

劣等感がピークに達していました。

 

そこで私は社会人向けのドラゴン桜エンゼルバンク」を読みます。

ドラゴン桜とは馬鹿な高校生が東大に合格するまでを描いた漫画で、

エンゼルバンクは東大合格を転職に置き換えて描かれた社会人向けの漫画です。

 

エンゼルバンクの中にこんなシーンが有りました。

f:id:neetenbai:20170316212944j:plain

 

しかも漫画では「リスクを取らないリスク」に関しても説明してたんですよね。

当時の私は物凄く影響を受けて、

リスクを取って会社を辞めてみんなに追いつかねば

というアホなことを考えていました。

 

そんなときに会社で大幅な仕様変更があったので、

これはちょうどいい機会だなと思って私は会社を辞めてしまいました。

 

アホなので辞めたあとから何をするか考えました。

それなりのお金が貯まっていたのでなんとかなると結構甘く考えていました。

甘く考えた私が見つけたのが、

未経験でも簡単にできそうな転売でした。

 

転売をしようと思った私はすぐに税務署に開業届を出しました。

これでもう失業保険はもらえません。

保険も住民税も所得税も、会社負担で軽減されなくなります。

ちなみにこの年の6月に22万円の住民税の請求が来ました。

くっそ高いです。

 

私は会社に勤めている時はバリバリに働いていて、

仕事をすることが好きだったので辞めても頑張ると思ってました。

当時は頑張って働いてた分、ストレスが相当負荷になっていたので、

お酒でストレスから逃げていました。

 

アル中になっていた私は、

仕事がなくなり昼間から酒を飲めるようになったので、

私は起きている間のほとんどの時間、体内にはアルコールが入ってました。

アルコールが入ってると仕事をする気は起きません。

当然、転売をしようなんて気は起きません。

 

周りとの成長の差を感じて仕事を辞めたのに、

ただのアル中のニートになりました。

 

f:id:neetenbai:20170316215802j:plain

 

厳密には個人事業主ですのでニートではありませんが、

全く働かなかったのでニートと何も変わりません。

生活はすべて働いていたときの貯金を使っていました。

貯金の額を気にせずに社会人の頃の金銭感覚で過ごしていたので、

1年ほどで貯金が残り100万円を切りました。

そうです。1年間ほぼ何もしませんでした。

こんなことなら廃業届を出して失業保険を貰っておけば良かったです。

そんなこともしない私はただのアホなのです。

明日から頑張るぞ→次の日に昼から酒を飲んでやる気をなくす。

これを繰り返してました。

次の日からは頑張ろうと思ってるので廃業届を出しませんでした。

昼から酒を飲まないぞとは思っていても、

昼飯を買うと絶対に酒を買ってました。

完全にアル中です。

 

さすがに貯金が100万円を切ってくると生命の危機を感じて、

ハローワークに行って何社か面接を受けるも就職できませんでした。

仕方がないので当初の予定通り転売をしてみました。

 

1年ほど転売をしてみて今ではやっと生活できるようになりました。

この1年の活動や、現在の活動をブログに書こうと思います。

 

昨日「月商100万の転売ヤーだけど質問ある?」というまとめを見ました。

この人と違って本業はありませんが、

月商100万円くらいで利益率3~4割

っていうのは私も似たようなものです。

このまとめを見てると、意外とみんな興味があるんだなあと思い、

みんなの役に立つかなと思ってブログを初めました。

よくある転売のブログみたいに良かったところばかりは書かかずに、

現実をそのまま書いていこうと思います。

 

 

最後に

仕事を辞めたあとで友達から聞いたのですが、

私の働いてた会社や給料を羨んでいました。

「なんで辞めたんだもったいない」ってよく言われました。

私は隣の芝をとても青く見ていて、友達も私の芝を青く見ていました。

私は過剰に青く見ていて、自分の芝の青さに気づいていませんでした。

もしかしたら辞める必要はなかったのかもしれません。

現在の私は働いてた頃の半分くらいしか収入を得ていない感覚です。

それにボーナスや退職金もありません。

税金を会社負担で軽減してくれたりもしません。

 

転売で夢を掴む?みたいな内容のブログとかありますけども、

仮に仕事を辞めて転売で食っていこうとか思っている人は

目の前の仕事を頑張ることをおすすめします。

仕事を辞めて独立するなんてリスクが高いです。

独立心が強いと判断される人は、再就職に不利な場合があります。

やるならリターンを得られる確信を持ってからリスクを取りましょう。

私はよくわかってませんでした。